お金がなくて仕方なく

初心者日記 > 生活 > お金がなくて仕方なく

お金がなくて仕方なく

日刊紙の宣伝、電信柱に見られる宣伝チラシや郵便広告などで、「多重借金の整理手伝います」「多重借金を統合したくありませんか」という広告を見ることが多いです。

「整理業者」「買取業者」「紹介人」という名称の悪徳会社のだまし広告のケースが存在します。

使ったときには自己破産申請手順の中で一番大切な免責認可を手に入れられなくなる危険が存在します。

「整理人」とは負債者を寄せ集め高い依頼料を取り整頓を行いますが、現実には借金整頓は行われず、借金者はさらに債務スパイラルにはまってしまうことがほぼすべてと言ってよいでしょう。

「買取専門人」というのはローンで、電化用品、電車の利用券を限界まで購入させ、借金者からそういった品目を購入額の1割もしくは半値で購入するというやり方をとっています。

債務者はそのときは現金が手に入れられますがそのうちクレジット企業によって商品価格の定額の支払いがきて、結局は借金を増額させる結末で終わります。

このケースではクレジット会社への詐欺として免責をもらえなくなります。

「紹介業者」の場合は、大企業の金融業者から拒絶された債務人へ、直接的な貸出は全然せずに、貸出を受けられる他の貸し手を知らせ、料金をもらう悪徳業者です。

紹介業者は専門的な手引きで融資してもらったというようにしゃべりますが本当のところは何もしないまま、ただ単にルールのゆるい会社を知っているだけです。

この場合も実際のところ債務額をアップさせることとなります。


関連記事

  1. 恋愛プロデュース
  2. 転職していい人ダメな人
  3. 頼りする
  4. プロが行うハウスクリーニング
  5. 国際結婚手続きにお疲れ・・・
  6. 中古車ご購入は中古車オークション代行のカーズゴーゴー
  7. お金がなくて仕方なく